ボートレース多摩川 05#

12月15日

開催中

メニュー

  • レースライブ&リプレイ
  • 出走表・前日予想PDF
  • インターネット投票

レース展望

GⅢ GIIIオールレディースリップルカップ 9月26日(火)・27日(水)・28日(木)・29日(金)・30日(土)・10月1日(日) 出場予定選手

松本晶恵を中心に山川美由紀、寺田千恵が僅差の争いを演じる

シリーズの中心は昨年のクイーンズクライマックス覇者の松本晶恵だ。今年はまだ優勝がなく、本調子とは言えないが、8月芦屋レディースチャンピオンで優出3着とリズムは上向き。的確なさばきで舟券に貢献する。山川美由紀、寺田千恵の両ベテランも僅差の争いを演じる。女子屈指の攻撃力に変わりはない。スリット全速通過から1Mは豪快に攻める。速攻力は負けない岩崎芳美、岸恵子のスタート駆けも魅力。角ひとみは前回当地戦で優勝戦1号艇で登場したが、惜しくも2着に敗れた。今大会はリベンジに燃える。近況の調子の良さなら細川裕子を推す。5月以降の勝率は7点超えと数字を残す。思い切りのいいターンで、積極果敢に仕掛ける。安定感ある香川素子や、旋回シャープな三浦永理にも注目が集まる。迎え撃つ地元勢は平田さやかと櫻本あゆみに期待がかかる。勝手知ったる水面でスタート、調整は把握している。初日からアドバンテージを生かしたい。

主な出場選手

  • 山川美由紀 3232(香川)
  • 寺田千恵 3435(岡山)
  • 香川素子 3900(滋賀)
  • 細川裕子 4123(愛知)
  • 三浦永理 4208(静岡)
  • 平田さやか 4286(東京)
  • 松本晶恵 4399(群馬)
  • 櫻本あゆみ 4478(東京)

松本晶恵 群馬 4399

松本晶恵
本命選手

女王の自覚を持ってレースに臨む

昨年末の平和島クイーンズクライマックスで、4戦3勝2着1回と準完全Vを達成。初のG1制覇とともに、その年の女王に輝いた。女子NO・1になれば次は1つ上の舞台、SGへのチャレンジが待っている。今年のSG開幕戦となる児島クラシックでは、「1勝を挙げることと、予選突破」を目標に掲げた。残念ながら準優入りはできなかったが、初戦でいきなり白星を挙げることはできた。9月10日現在で8回優出しているが、優勝はまだない。松本の実力を考えると物足りない成績だが、8月の芦屋レディースチャンピオンでは、優出3着。賞金が高いレースで結果を残し、女子獲得賞金ランキングで5位としているのは、さすがだ。多摩川は過去に1回優出しているだけで、実績は皆無の水面と言っていい。それでも安定感あるさばきで舟券に貢献。着をまとめて、優勝争いに加わってくる。女王の自覚を持って、今シリーズを盛り上げていく。

寺田千恵 岡山 3435

寺田千恵
対抗選手

女子のパイオニアが多摩川久々の登場

「テラッチ」の愛称で親しまれ、28期(14年)連続A1級を継続中。10月平和島ダービー出場を決めている実力者。01年の唐津グラチャンでは女子選手で初めてSGのファイナリストになったパイオニアだ。今年もさすがの走りを見せている。優勝こそ5月鳴門、6月児島の2回にととどまっているが、優出回数は10回。女子戦、男女混合戦を問わず、結果を残し続けている。過去1年間の決まり手を見ても、その戦法は分かりやすい。逃げが44回で当然ながら一番多く、まくりは16回、まくり差し18回。それに対して差しは4回しかない。スタートで先行して、1Mまでの隊形を見極め、まくるかまくり差しかで抜け出してくる。展開待ちになる差しよりは、自力で仕掛けるのが身上だ。多摩川は走る機会が少なく、14年3月以来、3年半ぶりの出場となる。実績を残す水面とは言えないが、寺田の実力なら関係ない。他を圧倒する走りで、優勝の二文字だけを狙っていく。

平田さやか 東京 4286

平田さやか
地元イチオシ

夢の初優勝へ!地元で達成を目指す

今シリーズに出場する東京支部の選手を見ると、平田さやかと櫻本あゆみに期待がかかる。その中でも平田をイチオシ選手として推したい。デビューこそ04年5月の平和島だったが、デビュー初勝利と初優出は多摩川だった。節目の思い出は当地だけに思い入れも強い。ピットでは、多摩川のオリジナルキャラクターで今大会のタイトル名にもなっている「リップル」のウエアを着て作業している姿が多い。以前は小細工なしの攻めを身上とし、1Mは積極果敢にまくっていたが、キャリアを積むにつれ、自在派に変わりつつある。スタートは安定して速くインと2・3コースで白星を挙げている。課題はダッシュ戦でのレースか。それでもスタート、エンジン調整と把握している多摩川なら、克服しても不思議ではない。まだ見ぬ夢の初優勝へ向けて、多摩川で達成して欲しいのがファン、関係者の願い。その期待に応えるためにも全力の走りでV取りを目指す。

ページの先頭へ