ボートレース多摩川 05#

12月15日

開催中

メニュー

  • レースライブ&リプレイ
  • 出走表・前日予想PDF
  • インターネット投票

レース展望

一般 開局45周年記念 第23回tvkカップ 12月12日(火)・13日(水)・14日(木)・15日(金) 出場予定選手

石野貴之が再始動! 齊藤仁と一瀬明が地の利を生かす

ショートシリーズの今大会はポイント制で優勝争いが繰り広げられる。短期決戦だけに、素性のいいモーターを引いた選手に大きなアドバンテージがある。出場選手一覧を見ると4日間ではもったいないぐらいの豪華メンバーが集結した。その中でも最上位は石野貴之だ。F休み明けで、次走が大一番の住之江グランプリ。速いスタートは行けないだろうが、それを補えるだけの旋回力の持ち主。格上のハンドルさばきで魅了する。打倒・石野に燃えるのは地元の齊藤仁と一瀬明だ。地の利があり、スタートと調整は手の内に入っている。初日から強めの足に仕上げて、ポイントを稼ぐ。静岡支部の佐々木康幸、後藤正宗、伊藤将吉も実力は上位。行き足を仕上げて、得意の速攻戦で水面を沸かせる。安定した着取りが魅力の原田富士男や、剛柔自在な攻めを披露する大賀広幸にも注目が集まる。山本修一、山崎哲司は現級こそA2だが、優勝を狙える能力はある。

主な出場選手

  • 原田富士男 3360(福岡)
  • 大賀広幸 3427(山口)
  • 一瀬明 3641(東京)
  • 佐々木康幸 3909(静岡)
  • 齊藤仁 3978(東京)
  • 後藤正宗 3987(静岡)
  • 伊藤将吉 4033(静岡)
  • 石野貴之 4168(大阪)

石野貴之 大阪 4168

石野貴之
本命選手

今年SG2Vの強さを見せつける

今年は上半期で神がかった強さを見せた。3月児島クラシックで優出して幸先のいい船出を決めると、5月福岡オールスター、6月鳴門グラチャンとSG連続優勝。7月丸亀オーシャンではSG3連覇の期待がかかったが、惜しくも予選落ちとなった。それでも今年の序盤だけなら間違いなくMVP級の活躍を見せた。8月若松メモリアルで予選落ち。9月住之江の高松宮記念では初戦にFとリズムは下降気味だったが、11月の蒲郡ダイヤモンドカップでは優勝と息を吹き返した。とにかく機出しに優れており、よほど悪いエンジンを引かない限りは、水準以上のレベルの足に仕上げてくる。10月平和島ダービーでは結果的に予選落ちだったが、強力な出足型にして、トップクラスの動きを見せていた。多摩川は前回昨年8月が約6年ぶりの当地だったが、「久しぶりでも関係ない」と強さを見せつけて優勝した。次節はグランプリが控えているだけに、優勝して弾みをつけたい。

大賀広幸 山口 3427

大賀広幸
対抗選手

今年5回優勝。6Vを目指して走る

10年10月から1年10カ月にわたる長い闘病生活を経て見事に復活。A1級に返り咲くと、来年1月からの適用勝率は7.58と8期ぶりに勝率7点超えを達成した。今年序盤は決して調子は良くなかった。準優入りが精いっぱいで、3月の三国まで優出もなかった。暖かくなってきた5月ごろから調子が上向いてきた。5月地元の徳山で今年初優勝を決めると、7月も同じく徳山でV。そこから5節連続優出を果たすと、若松、浜名湖では連続優勝を達成した。10月下関でも優勝を決めて、これで今年は5回の優勝。来春の浜名湖クラシック出場が見えてきた。好調の要因はとにかくスロー水域での強さ。過去1年間で4コースは3勝しかしていないが、1コースは50勝。2コース12勝。3コースは13勝を挙げている。多摩川は今年2月に出場しているが、未勝利で終わった。それでも過去にはSGやG1の優出歴もあり、相性は悪くない。今年6回目の優勝を目指して、気迫の走りを見せる。

齊藤仁 東京 3978

齊藤仁
地元イチオシ

熟知した地元で舟券に貢献する

東京支部屈指の安定株。差しを主体にした走りで、過去1年間の3連率は70%超え。舟券貢献度は高い。スタートも速いタイミングで決まっており、1コースでしっかり逃げ、2コースは差し切りを狙う。3コースより外は2、3着でまとめる傾向にある。今年は2月の桐生関東地区選、6月江戸川周年とG1の2回優出を含み11回優出しているが、優勝は5月常滑の1回のみとなっている。ベスト6入りはしているが、優勝戦で勝ち切れないのが現状。実力を考えると物足りない成績になっている。多摩川では13年8月を最後に優勝から遠ざかっているが、15年の61周年記念や、16年2月の関東地区選など、G1でも優出している。機出しにたけており、全てに熟知している地元戦なら仕上がりも早い。行き足、ターン回りを仕上げれば、連にはしっかり絡んでくる。地元代表として優出は最低ノルマ。的確なハンドルさばきで、ファンを魅了する。

ページの先頭へ