ボートレース多摩川 05#

11月19日

本日非開催

メニュー

  • レースライブ&リプレイ
  • 出走表・前日予想PDF
  • インターネット投票

レース展望

一般 第49回東京中日スポーツ賞 5月9日(水)・10日(木)・11日(金)・12日(土)・13日(日) 出場予定選手

当地周年覇者の湯川浩司が主役。重野哲之も攻撃力は負けない

5日間で行われる東京中日スポーツ賞は、W準優制で優勝争いが繰り広げられる。今節が期初めという選手もおり、心機一転でレースに臨む。シリーズの中心は湯川浩司だ。SG通算4V、G1は11Vの強豪レーサー。多摩川でも10年の56周年を制しており、水面相性は悪くない。的確なモーター出しで、快速に仕上げて大暴れする。攻撃力は負けない重野哲之も優勝争いを演じる。決め手は多彩で、逃げ、まくり、差しと自在ハンドルで突き抜ける。スタートが速い稲田浩二と山田哲也はスリット踏み込んで、速攻戦で沸かせる。飯島昌弘、寺本重宣、久田敏之はターンが俊敏で、鋭いまくり差しから1Mを突破する。横澤剛治は求める伸びが来たら攻めは果敢、豪快戦で沸かせる。伯母芳恒は前回当地戦で優勝。多摩川連続Vを目指していく。水面相性なら鈴木博が抜群だ。ドル箱水面で魅了する。大外専科の阿波勝哉や、好センスの江崎一雄からも目が離せない。

主な出場選手

  • 鈴木博 3412(埼玉)
  • 横澤剛治 3956(静岡)
  • 重野哲之 3995(静岡)
  • 湯川浩司 4044(大阪)
  • 寺本重宣 4086(東京)
  • 久田敏之 4188(群馬)
  • 稲田浩二 4290(兵庫)
  • 山田哲也 4297(東京)

湯川浩司 大阪 4044

湯川浩司
本命選手

多摩川周年覇者が豪快戦で沸かせる

巧みなモーター調整で、快速に仕上げるのがうまく「快速王子」と呼ばれる時期があった。さらに通算4回のSG優勝で、3回がグラチャン。開催時期の6月とかけて「湿気王子」で紙面をにぎわせたこともあった。ただ、近年はそこまで快速に仕上げることは少なくなっている。持ちペラ制度の廃止や、モーターの仕様が変わったことによる影響なのか。以前のように強烈に伸びるシーンは見ることがあまりない。それでも一線級で居続けるあたりはさすがだ。今年は正月のオール大阪で優出3着とまずまずの船出だったが、その後が続かない。2月、3月と記念では予選落ちとなった。蒲郡、下関では優出し、びわこでは今年初優勝を決めたが、全て一般戦。そろそろ記念戦線での快音が聞きたいところだ。多摩川前回(17年9月)は精彩を欠き、予選落ちとなった。それでも10年の56周年では優勝するなど相性は悪くない。高い攻撃力で水面を沸かせる。

重野哲之 静岡 3995

重野哲之
対抗選手

史上最年少で全24場制覇を達成

平成23年3月11日に発生した東日本大震災により開催中止となった第46回総理大臣杯(現ボートレースクラシック)の代替開催として、日本財団を通じて上記震災被災地の復興を支援することを目的に実施されたのが、同年8月開催の東日本復興支援競走。その大会で優勝したのが重野哲之だ。もちろんSG初優勝だった。予選4勝の活躍を見せると、準優も勝利し、優勝戦1号艇で登場。池田浩二、菊地孝平、今垣光太郎など豪華メンバーが相手だったが、インからコンマ09のスタートを決めて、堂々と押し切った。近年は一般戦が主戦となり、SG・G1での活躍が聞こえてこないが、4月の福岡で優勝し、全24場制覇を果たした。15年に40歳で達成した徳増秀樹を抜き、最年少での達成となった。史上20人目で、現役では17年11月に達成した服部幸男以来、12人目の快挙だった。スタートが速く、多彩な決め手で1着を量産。今節もピンラッシュだ。

寺本重宣 東京 4086

寺本重宣
地元イチオシ

的確なハンドルさばきで舟券に貢献

けがの影響でB級に降格した時期もあったが、そこから見事にA級に復帰。4期連続A1級と安定した走りを見せており、今期勝率も6.72(4月24日現在)で5期連続でのA1級をほぼ決めている。寺本重宣の魅力はなんと言っても、的確なハンドルさばきで、大崩れが少なく、舟券貢献度が高いことだ。今期は4月24日までに133走し、5着は10回、6着は5回と、とにかく大敗が少ない。3連対率は70%超えと高い数字を残す。多摩川は今年2節出走しており、2節ともに優出を決めている。特にすごいのがモーター出しだ。1月の節では2連対率17.2%のワースト機。3月には2連対率25.0%で、下から2番目のモーターを引いた。それでも戦える状態にまで仕上げて、ベスト6入りを決めたのだ。当地は通算10回の優出を誇るが、まだ優勝はない。思い入れが強くなる地元戦だけに、今シリーズは初優勝を狙っていく。冷静なさばきで、着順をまとめる。

ページの先頭へ