ボートレース多摩川 05#

10月20日

本日場外発売

メニュー

  • レースライブ&リプレイ
  • 出走表・前日予想PDF
  • インターネット投票

レース展望

一般 第2回じぶん銀行賞 8月22日(水)・23日(木)・24日(金)・25日(土)・26日(日)・27日(月) 出場予定選手

松尾昂明、岡村慶太の福岡コンビに注目。芝田浩治も安定感がある

今開催は新モーター3節目となる。まだ未知数で手探りの部分はあるが、少しずつ機力差が生まれてくるはず。次節がG1周年記念だけに、モーターの相場を少しでも把握したい。さて、展望だが成長著しい福岡コンビの松尾昂明、岡村慶太に注目したい。スリットは積極果敢、得意の速攻戦で水面を沸かせる。安定感なら芝田浩治がNo.1だ。的確なハンドルさばきで舟券に貢献する。昨年の年間最多勝に輝いた吉川昭男にも注目が集まる。インから得意の逃げ、センターからは差して抜け出しを狙う。今節もピンラッシュに期待だ。東本勝利、杉山正樹は攻撃力の高いレースが魅力。スリット近辺の足を仕上げて、1Mは圧倒する。小山勉、佐藤翼の埼玉コンビにも注目だ。思い切りのいい攻めが売りで、多摩川でも積極的に仕掛ける。迎え撃つ地元勢は渡邉雄朗を中心として遠征陣に立ち向かう。森作雄大はスタートが速く、上位相手に金星を狙う。

主な出場選手

  • 芝田浩治 3484(兵庫)
  • 福田雅一 3543(香川)
  • 吉川昭男 3582(滋賀)
  • 東本勝利 4066(三重)
  • 杉山正樹 4084(愛知)
  • 松尾昂明 4424(福岡)
  • 岡村慶太 4545(福岡)
  • 佐藤翼 4573(埼玉)

岡村慶太 福岡 4545

岡村慶太
本命選手

今年優勝4回。5度目のVを目指す

今年は年またぎの若松開催で、いきなり優勝。オール3連対と安定したレース運びで、ファンを魅了した。続く芦屋でも優出3着と、幸先のいい船出を決めた。夏場に入ってからも、調子は落ちていない。5月若松で優勝すると、6月芦屋、7月芦屋と3カ月連続でVを決めた。今年はここまで4回優勝。来春のSG戸田クラシック出場を狙える位置につける。層の厚い福岡支部所属だけあって、記念での出場が少ないのは寂しいが、一般戦に入れば間違いなく攻撃力は上位だ。全国の平均スタートはコンマ15と安定して速く、地力を生かせるインとカドで威力を発揮するタイプ。決まり手を見ると逃げ、まくりが基本戦法だが、差しもうまい。スリットで抜け出せなくても、展開を突いて浮上を狙う。多摩川は走る機会が少ないが、過去に優勝したこともあり、相性は悪くない。持ち味である攻めの姿勢を崩さず、1Mは他艇を圧倒する。

松尾昂明 福岡 4424

松尾昂明
対抗選手

スリット踏み込んで今年初優勝を狙う

12年の芦屋新鋭王座でG1初優勝。4コースカドからコンマ06と度胸満点のスタートで、豪快にまくって見せた。小細工なしの攻めが武器で、ファンの多い選手。現勝率は7.13と、キャリアハイをマーク。近年はさらに地力が付いてきている印象だ。全国平均スタートはコンマ14と速く、そのスタートを生かした攻めが身上。過去1年間の決まり手を見ても、逃げとまくりがほとんどで、次に多いのがまくり差し。差しで勝つことは少ない。コース別成績ではイン、センターでの1着が多く、アウトコースも苦にしない。ただ、2コースだけは極端に1着が少ない。2コースよりも、6コースの方が1着が多いのも珍しい。今年は優出を8回しているが、優勝はまだないのが、やや寂しい。多摩川は走る機会が少なく、13年11月以来の出走となる。それでもスタートの速さは不変。スリットで先制して、豪快なまくりで是政ファンを沸かせる。

渡邉雄朗 東京 4748

渡邉雄朗
地元イチオシ

地元の期待を背負って初優勝を目指す

走っている選手には悪いが、今節の地元勢はやや手薄感が否めない。その中では渡邉雄朗に期待が集まる。2018年前期は勝率4.84で、B1級に降格となったが、すぐにA級に復帰。2018年後期勝率は6.02と、初めて勝率6点台に乗せた。以前はスタート踏み込んでの速攻戦が売りだったが、最近はまくりだけではなくなった。まくり差し、差しも多用するようになり、より自在性が増している。それでも基本は伸び型の調整で、攻めるのが身上。モーター次第で、豪快まくりが飛び出る。近況は優出がなく、決して調子がいいとは言えない。走り慣れている地元水面で、リズムを変えたいところだ。当地は以前は走る機会がなかなかなかったが、17年は4節。今年は3月に1節走っている。17年5月には優出(4着)もしており、相性は決して悪くない。多摩川はデビュー水面だけあって思い入れもある。今節は地元勢を引っ張る立場で、まずはベスト6入りを狙う。

ページの先頭へ