ボートレース多摩川 05#

10月23日

開催中

メニュー

  • レースライブ&リプレイ
  • 出走表・前日予想PDF
  • インターネット投票

レース展望

一般 第32回日本モーターボート選手会会長賞 6月27日(日)・28日(月)・29日(火)・30日(水)・7月1日(木)・2日(金) 出場予定選手

金子拓矢が当地連続Vを狙う。岩瀬裕亮、江口晃生も好勝負

月またぎの開催は、6日間の準優3R制で行われる。シリーズの中心には、金子拓矢を推したい。多摩川は5月に走ったばかりで、初日から全開の走り。見事に優勝を飾った。今大会は当地連続Vの期待がかかる。岩瀬裕亮も多摩川とは相性がいい。スピード満点の走りで、レースを盛り上げる。ベテラン江口晃生は、巧みな調整力でモーターを快速に仕上げ、熟練のさばきで1M抜け出す。地力ある本多宏和や、ターン俊敏な有賀達也も好勝負は必至。板橋侑我は7月からの適用勝率が6.20で、初のA1級に昇格する。デビュー時からセンス光るターンを繰り出しており、ようやくここまで力を付けてきた。スタート行ってのまくり、展開を突くまくり差しと、剛柔自在な走りで1着を積み重ねる。東京支部からは山本英志、北山康介が地元勢を引っ張る。走り慣れた水面で時計はつかんでいる。早い仕掛けを放ち、思い切りのいい走りで、地元ファンにアピールする。

主な出場選手

  • 江口晃生 3159(群馬)
  • 山本英志 3888(東京)
  • 金子拓矢 4305(群馬)
  • 有賀達也 4428(埼玉)
  • 本多宏和 4492(愛知)
  • 北山康介 4535(東京)
  • 岩瀬裕亮 4604(愛知)
  • 板橋侑我 4933(静岡)

金子拓矢 群馬 4305

金子拓矢
本命選手

多摩川連続Vを目指して結果にこだわる

7月からの適用勝率は7.13。キャリア初の勝率7点台をマークした。結果が出た要因を聞くと「ペラですね。昨年末から同じような形でいっていて、それなりに仕上がってくれる。ターン回りが良くなります。行きたいところに行けている」。操縦性を含めたレース足が仕上がる傾向で、金子拓矢のターンも相まって大敗することが少なくなった。今年は1月から優出ラッシュ。5月15日までの常滑で、8回目の優出を果たした。ただ、本人は優勝ができてないことに不満があった。迎えた5月20日からの多摩川開催では、序盤から安定した走りを披露。予選トップ通過を決めて、準優も1枠でしっかり逃げた。「結果(優勝)が欲しい。そこにこだわっていきたい」と強い気持ちを持って臨んだ優勝戦。インからコンマ09のスタートを決めて、今年初優勝を飾った。今回は当地連続優勝の期待がかかる。俊敏なターンでファンを魅了する。

岩瀬裕亮 愛知 4604

岩瀬裕亮
対抗選手

好相性の多摩川でそろそろ優勝を

層の厚い愛知支部で、なかなか記念に定着していないのが残念だが、間違いなく将来の愛知支部を背負って立つ存在だ。戦法ははっきりしている。過去1年間の決まり手を見るとまくり差し、差しが多く、まくりは3回と極端に少ない。インではきっちり逃げを決めて2コースは差し、3コースはまくり差し。スタート一撃というよりは、展開を突く走りで着をまとめる。多摩川とは相性が良く、直近6節で5度の優出。そのうち2節は、G1でのファイナル入りと結果を残す。優勝がないのは残念だが、これだけ安定して優出しているなら、そろそろ優勝があってもいい。今年は早くも3度の優勝があり、一般戦に限ればコンスタントにベスト6入りを果たす。記念では思うような結果を残せていないが、3月福岡SGクラシックでは、予選突破を果たした。他艇の間隙を突くまくり差しは一級品。今節もシャープな走りを披露し、多摩川初優勝を狙っていく。

北山康介 東京 4535

北山康介
地元イチオシ

多摩川初優出を目指して全力の走り

08年11月、多摩川でデビュー。その節の2走目で1着と、いきなり非凡な才能を見せつけた。北山康介の最大の魅力は何といってもスタートの速さ。ただ、その武器は諸刃の剣でもある。ぎりぎりまでスリットを踏み込むため、フライングが多く、出世を阻んでいる。同期の黒井達矢は「もっと早く記念で走っていてもいい選手。それだけのセンスはある」と評価するほどだ。7月からの適用勝率は6.61。3期連続のA1級をキープした。新期(5月以降)に入ってから、コンスタントに予選を突破していたが、6月蒲郡周年の最終日でフライングを切ってしまった。F1本持ちで怯むタイプではないが、スリットで他艇を出し抜く仕掛けは無理そう。同体でも展開を突けるターン勝負に持ち込みたい。多摩川は20年のGW開催以来、久しぶりの出走となる。デビューした水面だが、まだ1度も優勝戦に乗ったことがない。走り慣れている強みを生かして、まずはベスト6入りを目指す。

ページの先頭へ